HOME>泌尿器科

2015/03/12 (03:56)

OAB治療薬市場 泌尿器科受診の3人に1人にベタニス使用 世代交代の様相 | ミクスOnline

近年、新薬が相次ぎ登場している過活動膀胱(OAB)治療薬。専門診療科である泌尿器科では、2011年に登場した新規機序のβ3受容体作動薬ミラベグロン(一般名、製品名ベタニス、アステラス製薬)が14年に処方患者数ベースでシェアトップとなり、直近では患者の3人に1人に ...[続きを読む]

この記事に対するコメント

名前(任意)
コメント
Back to TOP