HOME>内科

2018/05/04 (21:05)

2025年問題、内科医のあり方は 京都でシンポ - 京都新聞

京都新聞2025年問題、内科医のあり方は 京都でシンポ京都新聞医学の発展とともに治療は細分化し、内科も「循環器内科」などといった臓器別医療が主流だった。しかし、最初に患者と接することの多い内科医は今後、かかりつけ医としての役割が増す。日本内科学会の門脇孝理事長は「人は単なる臓器の集合体ではない。全身を診て、患者 ...and more »[続きを読む]

この記事に対するコメント

名前(任意)
コメント
Back to TOP